テーマ:美術館道楽

黄色

日曜日、銀杏が黄色くなった菩提寺に 紅葉してるだろうな~と思って絞りのの羽織で出かけました 黄色のかわいらしい葉っぱが地面に落ちて とっても良い雰囲気でした 真綿の紬に柿渋染紬の名古屋 お墓参り後は、ドガ展に行きました 日曜日でしたが夕方だったからか、それほどの混みようでもなく ゆっくり観られました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋単衣

お友達と松園展にいってまいりました でも目的はこっち? ランチは神田ま○やさんで親子重  おやつは千○屋さんのモンブラン 雨が続いた肌寒い9月末でしたがこの日はとっても良く晴れ、汗ばむほど ご一緒した染帯のお二人 私は生紬の絣単衣に紬の名古屋
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月も色々と。。。

彼方此方とお出かけなどあったのだが、 このところ集中してやらねばならないことがありなかなか書き留めておくことができなかった とりあえず、自分記録のために・・・ 姪っ子が学年末テストを終えて中学を卒業(といっても中高一貫だから卒業式はなし)するので 前祝いにランチ 携帯電話と同じ大きさって・・・ 美味しいのか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新装

大好きな美術館がようやく改装を終えこの秋再開した。 展示物は当然分かりやすく整理され、落ち着いた空間にしっくり収まっていた。 収蔵物もさることながらこちらの楽しみはお庭。 少し整備されて歩きやすくなり、 お天気良かったこの日は絶好の散歩となった。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嬉しい一日

7月に入ったらとたんに梅雨寒。 重たそうな空を見上げながらお出かけ。 「ルネ・○リック展」 生誕150年を記念して、久々に大規模な展覧会。 ジュエリーからガラス工芸品まで本当に素晴らしいものばかり集められている。 開催期間も9月までと長いし、また足を運んでみたいな~。 その後ショッピングなどしてお夕飯はいつも…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

大宰府天満宮&九州国立博物館

梅雨のはずなのに晴の大宰府、 単衣の着物ではもう暑い暑い。 参道のお土産屋さんをひやかし、天満でお参り。 こちらも菖蒲がきれいに咲いており、 菖蒲を愛でながら茶屋でお昼を頂くことができる。 お昼を軽く頂いて、デザートに焼きたての梅ヶ枝餅。 どういう訳かとにかく人が多い。 それは九州国立博物館に行…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

兄エス・b

日焼けを覚悟して昨日もまたサイクリング。 版画美術館でルオーを観たり、 薬師池の藤棚でのんびりしたり、 サツキが満開のお庭を散歩したり、 こんな子にも遭遇。 おとなしくて、人懐こくてとってもかわいい。 さながら兄エス・b アサリの砂抜きをしてたら、こんなにちっちゃな子にも。。。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

平日のお出かけ

三井寺展に行ってきた。 平日昼間の美術館、かなり高齢化。 そして思っていたより混んでいた。 三井寺にあるお宝をごっそり持ってきているので、展示替えが4回も! あーこれ見たい!でも展示されてないよぉ~というのがちらほら。 出来ればもう1、2回足を運びたい。 さてこの後は新宿の紀伊国屋ホールで「夜の来訪者」を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

引きこもり脱出

近所のスーパーでさえ行くのが嫌な時もある。 冷蔵庫の残り少ない野菜、 ストックしてある冷凍品でどうにか乗り切りたい・・・(わかるでしょぉ~??) まるまる一週間ほとんど引きこもり状態だった私、 週末ようやくきもの着てお出かけ出来た。 同じく別な意味で悶々としていた友にも声をかけ、いざ脱出。 東京近代美術館の工芸館で面白そ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

松の内のお出かけ

上野の森美術館レオナール・フジタ展 玉のりさんのコートデビュー 菊の絵羽小紋紬に縫い〆絞りの名古屋帯、金茶の飛び絞り帯揚げ、深緑の帯締め 久々にぐるぐるの簪をしてみました。 肝心のフジタですが、 具合の悪そうな人間を描く人・・・と今まで思っていました。 ごめんなさい。 そうじゃ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミレイと銀座

連日のお出かけ。 前日は大雨に雨下駄で疲れきって行かれなかったので翌日に持ち越した「ミレイ展」。 土曜日はさすがに混雑。 それでも5分ちょっと待って入ることができた。 オフィーリアの前には人垣があったが、順番を待てば間近でじっくり観ることができた。 この絵から漂う妖気はただものではない。 草花が精霊を宿っているかのよ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

美術館三昧

久しぶりの平日美術館、 なのにぃ~!土砂降り バケツをひっくり返したようにすごい雨。 晴れ女返上か!? そんな雨にもマケズ、着物で行きましたよ~! フェルメール、大琳派展、最後は国立科学博物館の「菌類のふしぎ」展。 フェルメールは・・・ 大雨のせいか待ち時間もなく思った…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ハマで遊ぶ

やっと袷のキモノ着ておでかけ。 と言っても着物で出かけるには不似合いな場所。 「ROBO JAPAN 2008」 グランドキャニオンを登ったEVOLT○君をを開発したロボットクリエイターT氏をみかけたり、 ASIM○クンのパフォーマンスを見たり、子供気分で楽しんできた。 そして、華やかなみなとみらい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

カレー&氷そして・・・小袖展

予想最高気温34℃、小千谷以外の着物が全く活躍できない気温。 今日もまた見慣れたコチラ↓に袖を通す。 帯は麻地の芭蕉染帯 帯締は伊○組紐店でだいぶ昔に誂えて以来まったく〆る機会の無かった真田紐。 帯揚げは今年ヘビーユーズのブルーグレーの麻絽、 草履は可憐ブロッソ×a○i 訪れた先はサントリー美術館の小袖展。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

そしてまた・・・

日曜日はまたまた東北。 日中30度超えには小千谷が一番。 色々所用がありましたのでかなりシックな帯まわりとなりました。 ピンストライプの黒小千谷縮 薄紫のストライプの夏八寸帯(これはお買い得品で求めたので未だに何だか分からないまま)はシーズン前に付帯にしたのでラクラク。 帯揚げはawaiで頂いた薄グレーの小千谷縮、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

遊んでます

先週からほとんど家にいないほどお出かけ。 ええ、遊んでました。 まずは先週のこと。 誕生日のお祝いはザ・リッツカールトン東京へ。 早めにチェックインしてサントリー美術館のKAZARI展に行く。 テーマだけに装飾の凝った展示物には目を奪われる。 思ったよりも着物や櫛簪小物類が多かったし、なかなか面白かった。 夕食…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モディリアーニとガレ

六本木、美術館ハシゴをしてきた。 国立新美術館でのモディリアーニ展が観たかったのでお出かけしてきた。 良い天気で桜もまだ散っていないし絶好のお出かけ日和。 お隣のミッドタウン・サントリー美術館のガレ展にも行った。 キモノは 久米島紬に竹の八寸帯、 道明の笹波組、玉のりさん薄羽織 帯揚げは京都から届いたば…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アチコチで桜

京都から帰ると家の盆栽の桜が満開。 具合が悪いなんていってられないほど東京の桜はすぐに満開となった。 26日(水) 二つ先駅近くの桜がまず八分咲きとなったので ドライブがてら見に行く。 両親を誘ってお夕食&夜桜見物 毎年見ている川沿いの桜。 ウチでも花見 29日(土) 東京国立博物館の薬師寺…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

♪やっぱり・・・美しく美味しく♪

この10日間、ブログを書けないほど振り回される毎日を送っていた。 まだ全部済んだ訳ではないが、昨日より小休止。 山盛りの洗濯物とフローリングに浮いたホコリにぎゅーっと目を閉じてお出かけ決行! 雷ゴロゴロ、不安定な空を見つめて・・・それでも キモノ着た~~い!! 行った先は話題の新国立美術館で開催中の「毎日書道展」。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トルッキオのランチ&山種美術館@三番町

山種美術館で「開館40周年記念展山種コレクション名品選」が開催されており、 展示後期を観に行ってきた。 地下鉄九段下からとことこ歩き、まずは腹ごしらえにイタリアンの「トルッキオ」へ。 パスタがとても美味しいとの噂を聞いていたし、なにより山種美術館に近いのでこちらへ伺うことにした。 平日のランチはこの界隈のOLやサラリーマンで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大正シック展@東京庭園美術館

日曜日でも混んでいない美術館に行きたい・・・ 朝夫君と朝食中に相談し、久しぶりに東京庭園美術館に行くことにした。 7月1日まで開催中の展覧会は「大正シック」 ホノルル美術館の日本美術コレクションから、人間性豊かでロマンティックな香りを漂わせた大正時代から昭和戦前期にかけての作品が並ぶ。 展覧会は「絵画と版画」「装飾美術」「き…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

若冲展@相国寺承天閣美術館

やっぱり行ってきちゃった~ 京都 お目当ては相国寺承天閣美術館で行われている「若冲展」 動植綵絵の三十幅全て見られることがめったにないため、 どうにか京都に行くことが出来ないものかと思案していたところ、 タイミング良く夫君の都合がつき、京都行きが叶った。 相国寺承天閣美術館で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

受胎告知@東京国立博物館

レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」を観に東京国立博物館に行ってきた。 この日もとても良い天気で着物日和であった。 受胎告知は数年前にウフィッツィ美術館で観ていたが、東博に来ると知ってまた行きたいと思っていた。 東博で普段展示物を置かない中央の部屋にこの受胎告知のみが展示されていた。 画に向かって蛇行した通路があら…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

リベンジ

昨日はリベンジの日。 まずは太田美術館のギメ東洋美所蔵浮世絵展。 昨日はすんなり入れた。 この美術館、初めて訪れたのだがハッキリいって小さい。100人も入ればいっぱいになってしまうような美術館である。 北斎の虎図、龍図は入ってすぐに観られる。 虎は若々しく龍を睨みつけているが、一方の龍は髭が垂れ下がり、こまったちゃん顔をし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米子・松江・出雲の旅 ~二日目~

旅の二日目は夫君仕事の為、私独りで行動。 朝起きたは良いが、なんだかダルダルで思うように体が動かない。 夫君を送り出し、まだ布団の上でゴロゴロする始末。 行動しだしたのは10時を過ぎてから。 この日は宍道湖半の「ルイス・C・ティファニー庭園美術館」を予定していたので、米子から山陰道を通り、松江市内へ。 県庁所在地の街はやっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

米子・松江・出雲の旅 ~ 一日目後半

さて、昼食後最初に向かったのは安来市の「清水寺」。 特に下調べをしたわけではないが、京都の「清水さん」とは何の関係もない。 とりあえずガイドブックオススメの場所であった為行ってみた。実は紅葉の素晴らしい所であることは行ってみてわかったことである。 高い杉の木に囲まれた山道はとても雰囲気が良く期待感が高まる。 緑の苔むした石の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなところ・・・

午前中赤坂見附での仕事を終えた夫君と待ち合わせて、最近「右」系の本を読み漁っている彼が行きたかったところ・・・そう靖国神社の「遊就館」へ行ってきた。 まずは靖国神社にお参り。桜の木が紅葉して小雨にしっとり濡れ、境内は良い雰囲気である。色々と話題の多い神社だけあって訪れる人も多い。雨の中七五三の姿もちらほら。 私の父方の祖父が戦没…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仏像 一木にこめられた祈り@東京国立博物館

抜けるような青空、木々は紅葉し始めていた上野。 待ち望んでいたこの特別展、仏像 一木にこめられた祈りを観に夫君と東博に行ってきた。 仏像展は10月から開催されていたが、お目当ての「彼」は11月7日から上野に来るということだったので、それに合わせて早速出向いた。 40~50cmくらいの白檀で彫られた素晴らしい十一面観音菩…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キモノで美術館 ~ルソーに見た夢、ルソーに見る夢~

世田谷美術館で開催中のルソーを観に行ってきた。 もっと鮮やかな色彩を想像していたが、意外と地味。 ゴッホのような光は全く感じられない。 ルソーといえばジャングルアートのイメージが非常に強いが今回は風景画が多く、 期待していたジャングルは↓この一点。 ルソーの作品はそれ程多くなく、ルソーに影響された画家達の作品が多く…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「江戸の誘惑」@江戸東京博物館

夫君が午後から休みだった昨日、江戸東京博物館で開催中の「江戸の誘惑」展を見に行ってきた。風が強く寒く雨がぱらついていたので、久々に洋服でお出かけ。 平日にもかかわらず結構混んでいる。 菱川師宣、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重などなど江戸時代に活躍した代表的な浮世絵師たちが描いた肉筆の浮世絵はボストン美術館所蔵のビゲローコレクショ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more