テーマ:伝統芸能

松の内のお出かけ

上野の森美術館レオナール・フジタ展 玉のりさんのコートデビュー 菊の絵羽小紋紬に縫い〆絞りの名古屋帯、金茶の飛び絞り帯揚げ、深緑の帯締め 久々にぐるぐるの簪をしてみました。 肝心のフジタですが、 具合の悪そうな人間を描く人・・・と今まで思っていました。 ごめんなさい。 そうじゃ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第九

多分15年振りくらいでしょうか。。。 年末に第九、ベタな催しを楽しんでまいりました。 知り合いに譲って頂いた席は画像の通り舞台を後ろから見る側、 指揮者を見るには楽しい席です。 ソリストも素晴らしくクラシック初心者の夫君も十分楽しめたようです。 コンサート後、少し遅めのスタートで夕食。 ホール目の前のオー○カナルで久…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花形歌舞伎@新橋演舞場

久し振りの歌舞伎に出かけた。 11月の新橋演舞場は花形歌舞伎。 昼の部の演目は・・・ 1.番町皿屋敷 2.勧進帳 3.弁天娘女男白浪 歌舞伎初心者にやさしい演目。 海老蔵、菊之助、松緑の若手がそれぞれ溌剌とした演技で、観客を沸かせていた。 帰る前にちょっと一息。 マリアージュ・フレールのカフェで頂いたりんごのシ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

寄席

雨がぱらつく昨夜、ご飯を戴きながら寄席を観に行ってきた。 お店は予約客のみで、ご飯はコースが決まっている。 串モノのお店だが、この日は違って一品料理など結構凝ったお料理が並び、 食事も楽しませてくれた。 寄席は三遊亭円楽一門の3名が噺をしてくれた。 全部古典落語で、江戸情緒たっぷり、とっても楽しかった。 お客…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

狂言劇場

野村万作、野村万斎の狂言劇場その参を世田谷パブリックシアターで観た。 Bプロの演目は 能楽囃子 瓜盗人 悪太郎 簡易的な能舞台が作られており、 かえってそれが演者を引き立てるような感じを受けた。 お囃子だけを聴くのは初めてだった。 良くわからないので、こちらに書くのもどうかと思うが、 私にはちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林屋正蔵襲名落語名人会&『和さび』@鎌倉

9月17日(土) 時期ハズレの夏休み最後のイベントは落語。チケットを買って落語を観に行くのは初めてである。この日は大船にある鎌倉芸術館で行われた正蔵襲名落語名人会に足を運ぶ。 演目は以下の通り・・・ 一、声に出して読みたくない天国からの手紙 林屋いっ平 一、親子酒 春風亭小朝 一、中沢家の人々 三遊亭圓歌 一、襲名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お芝居-敦 山月記・名人伝

9月14日(水)はお芝居を観に。 本当は千秋楽のチケットがほしかったが、やはり野村萬斎さん、取れるわけないよね~。ということで、この日に観に行った。 現代劇とはいえ狂言(古典)的な言い回し、動きが旨く調和していた。名人伝では・・・んっ!? これって「にほんごであそぼ」??的なところもあったりして、楽しめた。 音の共演は尺八の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

薪能

お能を観に行くのは2回目。 どちらも薪能だ。まだ能楽堂などは行ったことがない。。。 薪能の開催場所は『箱○神社』。 夏休み中の日曜日だし、箱根では湖水祭りが行われており普段よりも混雑が予想されるため早めに家を出た。箱根新道を使うが、芦ノ湖畔までたどり着くとやはり渋滞。 何とかたどり着き、先ずはお参り。 杉の大木の中にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more