テーマ:着物小物道楽

銀座へ

今日は野暮用で急遽銀座へ。 ほんの10分程度の用事だったのだが、 銀座に来ておきながらそれだけで帰る私ではない。 お決まりのお相手と待ち合わせた場所は イデミ・○ギノ Sさんが甘いものに飢えていたので それを十分に満たしてくれる所でおしゃべりとなった。 このお店、撮影不可になったので 美しいケーキの画像をお届…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

日曜日

サイクリングにはとっても良い季節となった。 日焼けは気になるけどね。 日曜日は朝から良い天気 小動物と触れ合ってきますた モルモットにウサギにカメにリスに・・・ リスの放し飼いエリアではギャーギャー言いながらリスと戯れてました。 久し振りに童心に戻った良い時間ですた。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイブーム

ズバリ、長襦袢。 もう気になって仕方ない。 この秋箪笥の襦袢を見直したら擦り切れ、汚れなどでスグに着れないものが。。。 お気に入りばかりがダメになってる 夏に見直しておけば良かったものの、10月に入ってから発覚した。 慌てて一枚仕立てたのがようやく届いた。 たまご色×グレーの鱗。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夏?休み 4日目

洛中に入ってからのお出かけは殆ど行き当たりばったり。 この日は朝食をゆっくり頂いてから思い立ったある場所に予約の電話。 木綿の着物に着替えてお出かけした先は・・・ 誂え足袋の植田貞之助商店さん。 以前から誂えてみたいと思っていたが、何度も京都に足を運んでいるにも関らず来るチャンスがなかった。 タクシーで向かうが、わかり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏下着

友人のSさんが勧めてくれた着物ランジェリー「saraca de sarasa」が渋谷神宮前にお店を構えたので先日伺った。 人様に見せるのは恥ずかしいのだが、 こちらのインナーに出会ってかなり衝撃を受けているので紹介したい。 私が頂いたのは夏用のかなり薄いTシャツとキュロット。 Tシャツは前が深いVに開き、後ろは衣…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モディリアーニとガレ

六本木、美術館ハシゴをしてきた。 国立新美術館でのモディリアーニ展が観たかったのでお出かけしてきた。 良い天気で桜もまだ散っていないし絶好のお出かけ日和。 お隣のミッドタウン・サントリー美術館のガレ展にも行った。 キモノは 久米島紬に竹の八寸帯、 道明の笹波組、玉のりさん薄羽織 帯揚げは京都から届いたば…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都&花見のキモノ

朝晩が冷えるし、桜が咲く頃と言っても気温はまだまだ低い。 京都に着ていったキモノ、今回は紬ばかり。 久米島紬に○松九寸帯 銀鼠の冠組帯締 紫無地羽織 細竹よろけ縞染紬小紋 縮緬葵柄名古屋帯 浅黄色の冠組帯締 UPしていなかったのでコチラで・・・ 京都で求めた小物類 パステルカラーの三分紐は微妙…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

春の京都 2日目

東寺の弘法市に行かれる~! 何度も京都に行っているが、21日に合わせていくことは出来なかった。 今回はばっちり、嬉しい。 夜も明けないうちに起きてパッと着替えて(洋服)東寺に。 残念ながら面白そうなモノが見つからなかったが、 露店の雰囲気はまた関東と違ってとても興味があった。 ストッキングだけ売っているお店とか、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今期大活躍

あと5日で立春なのに寒い。とっても寒い。 そんな木枯らし吹く中キモノを着るには色々と欠かせないものがある。 昨年末に購入してとても役立っている長手袋。 ベロア素材で出来ているのでしなやかで軽く、かさばらないのがお気に入り。 コートもベルベット素材なのでぴったり。 実は男の人だってキモノの袂から入る風が冷たいのは同じ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

盛り沢山な一日

お天気良くとても暖かな日、コートもいらない陽気に足取りが軽い。 Sさんの書を拝見しに上野へ。またもや最終日に駆け込み! 今までこういうものに触れてこなかった私に良し悪しが分かる訳ないが、 努力が続いているからこそ成せる素晴らしさを間近で見せていただけるのは本当に嬉しいことである。 さて、上野に来たんだものやっぱり行かなく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

春色時計紐&天然石羽織紐

昇苑くみひもに注文していた時計紐が届いた。 春色の可愛らしい2色使い。濃ピンク×淡ピンク 組は少し柔らかめ。伊藤組紐店さんの方がカチッとしている。 やっぱり手組みだと風合いがお店それぞれ違いがでるね~。 昇苑くみひもさんは今残念なことに正絹の組紐がWeb販売中止状態。 電話したら受け付けて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

受胎告知@東京国立博物館

レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」を観に東京国立博物館に行ってきた。 この日もとても良い天気で着物日和であった。 受胎告知は数年前にウフィッツィ美術館で観ていたが、東博に来ると知ってまた行きたいと思っていた。 東博で普段展示物を置かない中央の部屋にこの受胎告知のみが展示されていた。 画に向かって蛇行した通路があら…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

帯留展@青山スパイラル

先日、青山スパイラルで開催中の「帯留展」に立ち寄った。 木、土、布、ガラス、真鍮などを素材はさまざま。楽しい帯留が桐の箱にずらっと並ぶ。 様々なクラフト作家が作る帯留の数々はほとんどが一点もの。 素敵だな~と思うものは売約済の札が既に貼られており、買うことは無かったがとても楽しめた。 展示の隅には展示にも使われていた…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

京都でお買物~ゑり萬&ゑり正

土曜日の朝早い新幹線で京都に向かい、 一番に向かったのが「ゑり萬」さん。 縄手通りのこのお店はいつ来てもワクワク。 畳いっぱいに色とりどりの飛び絞りの帯揚をひろげていただき、 ご主人と相談しながら選ぶ至福の時。 今回のお買物は王道の深紅と気の早い夏物の絽縮緬渦巻き絞り。 夏物の地は波の立涌、ニクイねぇ~。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

リクエスト

「細雪」だったか・・・ 映画の中で見かけて 「あーっ、こんなの欲しい!」 ということで夫君にリクエスト。 作ってもらっちゃった~ 帯〆る時、仮紐や帯締めが手にすぐ届くところにほしい。 そんな希望をかなえてくれるのがこの二本の棒。 帯をかけておくにも丁度良い。
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

旧暦 元旦

今日は旧暦の元旦。 あるブログで紹介されていた「旧暦日々是好日」という手帳を入手した。 先日湯島天神に行った際御茶ノ水までお散歩して、 この手帳を販売している「美篶堂」さんで購入。こちら、とても素敵なお店である。 日本の暦、古来から伝わる行事、月の満ち欠けなど色々と情報が詰まっている。 手帳であるからして書き込むの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新宿伊勢丹が好き・・・

日曜日に夫君と行ったばかりなのに、今日も行ってしまった。 そう、私は新宿伊勢丹が好きなのさ~! =目的・壱= 「昇苑くみひも」のストラップ用組紐は、携帯電話、USBメモリなどあちこちに付けて楽しんでいる。ちょうどネットでまた購入しようと考えていたところ、伊勢丹に出店しているではないか!ネットでは購入できない色も沢山あり、も…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

西河の籠バッグ、冬仕様にお着替え

やっと着替えが出来た。 といっても私ではない、西河の籠バッグである。 もともと巾着が付いているが、あえてそれをはずして使っている。 こんかい取り付けたのは絞りの羽織の余り布。 一見、巾着が入っていると思いきや・・・中身を取り出すと・・・ きゃ~~バズカシィ~~姿 そう、なんちゃって巾着、っていう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「しごき」って??

友人から「しごきって知ってるかしら?七五三の時に必要な帯の下に着けるんだけど。。。」 しごき?? しごきって何よ? 早速Webで調べてフムフム。。。 友人曰く、キモノはあるのだけれど小物がなくて探しているとのこと。 ハコセコと言われるものや、草履、バッグ、扇子、などはあるらしい。 ところがこの「しごき」がなく、デパートで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都でのお買物

今回は母の旅行のお供だったので、自分の買物はそこそこ。 俵屋旅館のグッズを販売する『ギャラリー遊形』でSavon de Tawarayaとこの福俵を買った。 福俵は白と抹茶色のその名の通り俵型の和三盆。 口の中でスーッと溶けて上品な甘さが後を引くお菓子である。 形もかわいらしいし、お土産にも丁度良い。 伊藤組紐…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日帰り京都旅行~お買物編

丸一日楽しんだ京都。 八坂神社から四条・祇園危険ゾ~ンを通り抜けることとなる。 先ずはついつい寄ってしまう『京・ぎをん西河』 バッグを見ていたが、可愛い小物に目が行く。 すだれを巻き巻きして、竹ひごで止めた箸置き。 なんとも涼やかで、これからの食卓にぴったりだ。 お値段もとってもかわいらしいので購入! 西河を出て四…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テンマチバッグ

2年ほど前ある伝から誂えたバッグ。 このバッグ、知っている人ならすぐわかる某海外ブランドの布を使っている。 このテンマチバッグは外側にもポケットが付いていてとても使いやすい。 二度と作ってもらえないものなので大切に使っているが、何せ薄い色のため汚れやすい。 さて、このバッグに入る中身は以下のようである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草で買物

根津散歩を午前中に終えて、午後は浅草に。 草履を作りに長谷川商店へ行った。 誂えた2点が想像以上に美しいものになり、大満足。 黄身がかったベージュのエナメル台に白の二石鼻緒、つぼ赤 瓢箪刺繍の鼻緒にチャコールのエナメル台 さて次なる買物は・・・ 手拭いの「ふじ屋」 もう一つ。 『ゑりの高砂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

買物編  一日目の散歩(池之端から谷中へ)

旧岩崎邸の次に下町風俗資料館、竹久夢二美術館へと行こうと思っていた。 ところがその両方とも休みであった。しかも下町風俗資料館は改装工事中。残念。 下町風俗資料館にふられたので、そのまま道路向かいの『十○や』へ。 ツゲ製品のお店。 店主のちょっと自慢の入った薀蓄はやや耳障りではあったが、やはり作っているものは美しく手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RICHART&羽織紐

バレンタインデーってチョコレート業界に乗せられている気が捨てられないが、それでも乗ってしまう。 夫君に選んだ今年のチョコレートは『RICHART』のプチ・リシャールとゼニチュードの詰め合わせ。ピエール・マルコリーニやジャン=ポール・エヴァンも大好きだが、夫君には少し濃厚すぎる。プチ・リシャールは1.5センチ角程の小粒なチョ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帯留~雪の華

一目ボレした帯留。 「雪の華」と名のついたこの帯留は象牙と象嵌で出来ており、寒い冬にぴったり。 お披露目はまだだが、象牙の柔らかな色は帯を選ばない。雪の結晶のモティーフはもちろん夏真っ盛りでもOK。長く使えそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未着用の会津木綿

今年に入って全く着物を着ていない。とても悲しい・・・。 昨年末仕立上がった会津木綿の羽織と着物も本当はお正月に家で着るのには丁度良いと思っていた。 仕付け糸がまだついたまま、しかもまだたとう紙から一度も出していなかった。 昨年9月の夏休みに会津の山田木綿さんを訪れた記念に購入した。無地のサンドベージュは着物に、茶に雨絣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気遣いの文化

寒波が日本列島を覆い、大雪を降らせている。そんな寒い中、ちょっと温まる贈り物が届いた。 京都和装小物の『ゑ○正』さんから届いたのは来年の干支のガーゼ手拭。 手紙が添えられており、その中に京都の文化は『気遣いの文化』、その考えがこのゑり正さんのものづくりの根底にあるという。私はこちらの和装小物が大好きである。夫君も店主の考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時計紐

先月の京都旅行からもう一ヶ月が経ってしまった・・・。早いなぁー。その京都から嬉しいものが届いた。 伊○組紐店はその店名通り組紐を扱っているが、真田紐も豊富にあるので有名だ。1、2年前にここを訪れたときは真田紐を何本か帯〆用として購入した。先月注文したのは時計紐。単色使いの紐は時々銀座などでも見かけるが、凝った物はなかなかない。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本の香り 香十

着物を着る時に香水はつけないが、帯揚にお気に入りの香りをうつしておく。着付けるとき帯揚からほんの少し香るのでとても心地良い。 オーガンジーの袋に入ったこの香りは銀座の『香十』さんで見つけた。パフューマイザーという8種類の香りの素(500円玉ほどの大きさの透明な袋に液状の物質が入っている)があり、それを別売りの小袋に入れて持ち歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more