黒留袖

秋を感じないうちにもう羽織の季節

昨日のお稽古の装い

紫の綸子の羽織り
画像


着物は牛首紬にF織物の洒落袋帯
画像



お稽古は8ヶ月後半の妊婦さんに黒留袖を着せました
画像

譲り受けた亡義母の黒留です
金銀の亀は刺繍で、
とてもシンプルな図柄ですが迫力があります
コレを着こなすにはまだまだ修業が足りませんね
この黒留に合わせた帯がありましたが、
私にはとても大人っぽいので、私用に誂えたものです
画像

帯揚げは総絞りでこれも譲受けたもので
帯締めはD明の唐組です

さてさて、お教室仲間の妊婦さんですが
8ヶ月後半となるとお腹が大きく目立ち、恐る恐る着付けました

でも着つけてしまえば腹の大きさが目立たないですね~
実際もちょっと太った人? くらいでした

腰ひもの位置などもっと変わるかと思いましたが
いつも通りとほとんど変りなく、着せてもらう側も着付ける私もびっくり
腰紐は長尺でも足りないくらいでしたが、結ばないでからげる方法で始末したので大丈夫
袋帯はしっかり柄あわせも出来ましたし、問題なかったです

前にかがむのは洋服でも苦しい時ですが、
腰は帯をしている方が楽ということです

本当に貴重なお稽古でした




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


先日文化勲章が宮中で授与されましたが、
その時の叙勲者の女性が黒留袖をお召しになっておりました

画像


基本的に宮中での授賞式の服装については黒留袖ではなく
第一礼装として色留袖を着るのが慣例となっていますので
この写真を見た時はとても驚きましたし、
私の師匠も同じように驚いておりました

主催者側から詳しい指示があったと思うのですが・・・
もしかして黒じゃなくて墨紺とか黒に近い色なのかしら????


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::