ザ・リッツカールトン東京

大阪のリッツはこってこての装飾でパリやロンドンに近いが、
こちら東京六本木のリッツカールトンはそれに比べとてもシンプル。
と言ってもリッツらしさを失っているわけではない。
画像


画像


部屋には最近のホテルには見られない大きな家具がしっかり置いてあるので
十分な広さがあるのにあまりそれを感じない。
でもその分バスルームはとってもゆったりしている。
そして52階の窓からの眺望はとても良くて見ていて飽きない。
画像


バスアメニティーはブルガリだったり、冷蔵庫の中が充実していたり、
スナック類はエディアールのクッキーやサブレだったりと
細部まで高級感一杯である。
画像


画像


そしてルームサービスの朝食はこんな感じ↓
画像

前夜残ったケーキも飾りつけ直して朝食と一緒に出してもらった。。

リッツのスタッフはそこまで気を遣わなくても・・・と言うくらい至れり尽くせりだ。
あまり干渉しないホテルが増えている中、
こう言うおもてなしもたまには良いかも。

久々の都内泊、やっぱり楽しい!