こんな日こそ

雨降りで肌寒い日が続いている。
こんな日こそ大量のアイロンがけ、そして半衿つけなどしてしまおう。

夏のアイロンがけは罪悪感との戦いになったりする。
だって、クーラーつけながらアイロンを・・・
なんてデンコちゃんに怒られそうなことをしてしまうことも多々あり。
溜まったアイロン掛け、半衿つけなどあっつい中では到底へたばって出来ないから長雨が続くのはとても嫌だけど少しやる気も起きる。

先日届いた夫君の新しい夏の襦袢。
仙臺屋のセールで格安となった千總の海島綿、
真っ白でランダムな絽の地がなんとも良い感じ。
半衿は麻の薄い抹茶色をつけた。男物の半衿は芯がないからラクラク付けられる。
画像


そして私のは、京都のゑり正で買った千鳥紋紗の半衿を絽の襦袢に付けてみる。
衿の汚れが気になりそうなところに黄色の暈しが重なって良い具合である。
でも、千鳥の姿はキモノに隠れて全く見えなくなる。
夏だと半衿を沢山出すのは暑苦しいからコレはかなり自己満足的な衿となった。
画像